ライブチャットサイト

ライブチャットサイト

リンクサイト

ライブチャット

出会いサイトへ   HOME > リンクサイト > ライブチャット

ライブチャット

ライブチャット

ライブチャットサイトや覗きサイト、出会いサイトなど。

ライブチャット


Webカメラ(ウェブカメラ)は、WWW、インスタントメッセージ、PCビデオ等を使用して、撮影された画像にアクセスできるリアルタイムカメラのこと。撮影された画像は、リアルタイム、または一定間隔で保存される。PCに接続しリアルタイム画像転送の可能なUSB、IEEE 1394等のインターフェイスを持ったカメラを指すほか、ネットワークインターフェイスを持ち、WWWでアクセス可能なカメラのついた組み込み機器。

不正アクセス行為の禁止等に関する法律

第二条(定義)
一項
この法律において、「アクセス管理者」とは、電気通信回線に接続している電子計算機(以下「特定電子計算機」という。)の利用(当該電気通信回線を通じて行うものに限る。以下「特定利用」という。)につき当該特定電子計算機の動作を管理する者をいう。
二項
この法律において「識別符号」とは、特定電子計算機の特定許諾を得た者(以下「利用権者」という。)及び当該アクセス管理者の許諾を得た者(以下「利用権者」という。)及び当該アクセス管理者の許諾を得た者(以下この項において「利用権者等」という。)に、当該アクセス管理者において当該利用権者等を他の利用権者等ろ区別して識別することができるように付される符号であって、次のいずれかに該当するもの又は次のいずれかに該当する符号とその他の符号を組み合わせたものをいう。
一 当該アクセス管理者によってその内容をみだりに第三者に知らせてはならないものとされている符号
二 当該利用権者等の身体の全部若しくは一部の影像又は音声を用いて当該アクセス管理者が定める方法により作成される符号
三 当該利用権者等の身体の全部若しくは一部の影像又は音声を用いて当該アクセス管理者が定める方法により作成される符号
三項
この法律において「アクセス制御機能」とは、特定電子計算機の特定利用を自動的に制御するために当該特定利用に係るアクセス管理者によって当該特定電子計算機又は当該特定電子計算機に電気通信幹線を介して接続された他の特定利用をしとうとする者により当該機能を有する特定電子計算機に入力された符号が当該特定離党に係る識別符号(識別符号を用いて当該アクセス管理者の定める方法により作成される符号と当該色部宇符号の一部を組み合わせた符号を含む。事項第一号及び第二号において同じ。)であることを確認して、当該特定利用の制限の全部または一部を解除するものをいう。
四項
この法律において「不正アクセス行為」とは、次の各号のいずれかに該当する行為をいう。 一 アクセス制御機能を有する特定電子計算機に電気通信回線を通じで当該アクセス制御機能に係る他人の識別符号を入力して当該特定電子計算機を作動させ、当該アクセス制御機能により制限されている特定利用をし得る状態にさせる行為(当該アクセス制御機能を付加したアクセス管理者がするもの及び当該アクセス管理者又は当該識別符号に係る利用権者の承諾を得てするものを除く。)

ライブチャットサイトトップへ